ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

私の兄は、アイドルです。

★stage.1

 



「ねぇ、そこどいてくれる?座りたいんだけど。」




私はソファーに寝ころんでるでっかい図体を、冷ややかに見下ろしながら言った。





「はぁ?俺様はなぁ、たった今仕事から帰ってきたばっかなんだよ。
ちったぁ座らせろ、クソガキが」




相変わらず……家では口悪すぎ





「チッ………ジジィが」


私は舌打ちしながら、聞こえないくらい小さな声で言ってやった




……けど




「んだと?
胸ばっかりデカくなったクソチビが!」


「やだぁっ!
お兄ちゃん最低!変態!気持ち悪っ!」




私は、目の前の兄の腹を思いっ切り蹴ってやった。

だって……マジでキモいし……



だけど、黙って蹴られるだけの男じゃない。





「あぁぁうぜぇなホントに!!

お前なぁ、俺はさっきまで全国ツアーのリハーサルだったんだよ!
少しは休ませろっ、ボケ」



若干キレながらそう言い、私のほっぺたを思いっ切り引っ張ったクソ兄貴。


……しかも両側から。





「いひゃいいひゃい、止めてよ!」



あーもー!
ガキかよ!



 

< 1/ 297 >