ケータイ小説 野いちご

bitter sweet kiss

bitter sweet kiss

聖羅を残し、あたしは一人屋上を後にした。 



悪い夢から覚めたような何とも言えない後味の悪さ…



空っぽだ… 



涙も出ない… 




< 97/ 201 >