ケータイ小説 野いちご

白いドレス

始まり







窓から日差しが.....




  朝だッ!!!!



私は、浅田珠利。 朝は 目覚まし時計じゃなくて



朝の日差しで起きるの







「ふぁぁあーっ..... 良く寝たぁ」




温かいベットの中、寒い朝には最高でしょ?



なかなか出られな―――




    「おはよ、珠利」





    .....あれ??






< 1/ 36 >