ケータイ小説 野いちご

(短編)フォンダンショコラ

戻れない現在(いま)


「あたし・・・もう隼人といる自信ない。別れたい。」

あの日、電話で告げた最初の言葉を思い出す。

いつから隼人への気持ちが、不安に負けてしまっていたのか、もう思い出せないけど、とにかくあの時のあたしは自分を守ることで必死だった。

誰かを好きになるのも、誰かに好きになってもらうのも初めてで、何もかもが喜びであると同時に、恐怖でもあった。

これ以上、誰かを好きになってしまったら、「あたし」が無くなってしまうかもしれない。

いつか、隼人に重いって思われるかもしれない。

離れたら、呆気なく気持ちが途切れちゃうかもしれない。

あたしはそんな不安ばかりで、いつだって自分のことばかりで。


隼人はいつだって、あたしを想ってくれていた。不安になる暇なんかないくらい。

でも逆に、それが怖かったんだ。

あたしは同じように、隼人に返せているのかわからなくて。

あたしは隼人を、幸せにしてあげられてるのかわからなくて。


自分の未来。隼人の未来。あたしたちの未来。

考えれば考えるほど、あの時のあたしには、二人が一緒に笑っていられる未来は、見えなかったんだ。


「・・・隼人といるの、疲れちゃった。」

「・・・俺のこと、嫌いだってこと?」

「・・・そうじゃないけど・・・、離れたい。」

もどかしさと、情けなさと、苦しさ悲しさ、そして愛しさが混ざって、涙が溢れて、あたしは声を震わせながら、そう告げた。

何分、隼人は黙っていただろう。

「・・・わかった、別れよう。」


それが、彼の出した答えだった。



< 18/ 52 >