ケータイ小説 野いちご

カラダだけでも愛して

@:直−naoya−



ある日俺は見つけた。



寒い中一人でベンチに座ってる女の子。



たぶん高校生。



バイト帰りの俺はなんでかわかんないけど、その女の子に声をかけてしまった。



クリスマスなのに一人で座ってる女の子。



俺は一目惚れをしたんだと思う。



「どうかしたんですか?」



その子が俺を見た。



目がおっきい童顔。



「もう夜中の2時ですよ?こんなとこにいたら風邪ひきますよ?」



その子は小さな体で、とてもたくさんのなにかを背おってるようだった。



寂しそうなその子は帰るところがないと言った。



逃げるように帰ろうとする君の腕を掴んだ。




< 83/ 89 >