ケータイ小説 野いちご

心話~ウラ・バナシ~

カルストラって何なのさー

(以下、マジでネタバレになるので要注意!!)



本編の中軸を担っている四年おきの戦争。

この元ネタ(?)は勿論、言わずと知れた某平和の祭典なんですが。
それに、自分が大好きなアステカ文明の「花の戦争」のイメージを織り交ぜて作ったものです。

で、カルストラという言葉、これが何かと言いますとですね、ぶっちゃけ・・・・


作者の造語です!!(爆)


なので、神話とか伝承から元ネタとか探されても出てこないと思われます;;(滝汗)

ええと。でわ舞台裏公開。
ファンタジーの世界の単語を造る時は、色々な言葉を元にしますが、カルストラは英語からの造語になります。

スペル載せると本当にバレバレになるんですが、「カル」は「間引く」という意味の単語、「ストラ」は「奮闘」という意味の単語からという、意外に単純な成り立ち♪

神々の「間引きのための奮闘」をイメージしました。まんま、ですね。

これも、決定までには色んな候補があって(他に有力候補だったのはカルレニクとか)、ネタノートの丸々一ページ以上をびっちりと埋め尽くした中から、最終的に「カルストラ」にしました。

< 4/ 6 >