ケータイ小説 野いちご

魚住の生き方

背中

夕方になって私達はごそごそと布団の中から抜け出して、二人離れて、部屋の隅のほうで服を着た。なんだかこういうのって、お決まりでちょっと心の中で笑った。

< 36/ 110 >