ケータイ小説 野いちご

僕のぽっちゃり彼女

心の傷

食事が終わり、俺はまたリビングの
ソファーへと戻った。


「真樹くん、さぁ食後の一服だ。」


お父さんはそう言うと、
また焼菓子を俺に差し出した。


ええっ!!!
まだ食べるの!?


「いや、今はお腹いっぱいなんで(汗)」


「そうかぁ・・・」


お父さんは残念そうに焼菓子引き、
自分で袋を開け食べた。


食べるんや・・・(汗)








< 109/ 267 >