ケータイ小説 野いちご

龍と虎に愛されて。

第二章
虎、現る!!―明菜サイド―


―――明菜サイド―――


「ねぇ、明菜……。小林君、大丈夫かな?」


職員室から教室に戻ると、瑞穂が心配そうに近付いてきた。


校門の前で起こった喧嘩騒ぎはカッコウの噂の種。


瞬く間に校内に広がったみたい。


「分かんない。今、臨時の職員会議開いてるらしいんだけど……」


確かに小林は『気にすんな』そう言ってくれた。


でも、事の発端は全てあたしにある。


責任を感じずにはいられない。


< 95/ 478 >