ケータイ小説 野いちご

桜の下で ~幕末純愛~


沖田がタイムスリップをしてから三ヶ月が経とうとしていた。

幕末に戻る手掛かりもなく、沖田もすっかり生活に慣れてしまった。

「そぉぉぉ~じぃぃぃ~」

桜夜が沖田を探す。【総司】と呼ぶ事にも慣れ、沖田に対し、敬語を使う事もなくなった。

「私のプリン、食べたでしょ。返せ~っ」

「何の事です?プリンに桜夜の名は書いてなかったですよ」

ソファーに座り、プリンを食べながら沖田は笑う。

くっそぉ。またやられたっ。

「暑くなってきましたね」

話をそらしたなっ。…でもそっか、もう夏だ。総司が来て三ヶ月か。

「もうすぐ夏休みなんだ。バイトもするけど、長い休みだからどっか行く?」

「何処か、とは遠くにという事ですか?」

「うん。お盆時期ならお母さんも休みだろうし、一日はお父さんのお墓参りだろうけど…それが終われば三人で旅行とか行けると思うんだ。行ってみたいところある?」

沖田はしばらく考えてから

「京が見てみたいです」

と答えた。

京―京都か…。やっぱり元の時代に帰りたいんだよね。

総司と一緒にいたいと思っちゃいけないよね。

「そっか、京都か。夕飯の時にでもお母さんに相談してみようね」

「ええ。行けるといいですね。はい。半分あげますよ」

そう言って沖田は半分食べたプリンを桜夜に渡すと、竹刀を持って庭に出ていった。

あげるって…私のプリンですが?

残りのプリンを食べながら庭の沖田に声をかける。

「あんま無理すると暑くて倒れるよ」

沖田はニヤっと笑い竹刀を振りながら答えた。

「桜夜じゃないんですから、この位の暑さにはまけませんよ」

竹刀の端でミサンガが揺れていた。

―――――

その夜、桜夜と沖田は旅行の事を美沙子に相談し、美沙子も快諾した。

桜夜はツアーを探し、お盆時期に京都へのツアーに申し込んだ。

そして旅行まで二週間をきった頃。

「桜夜、総司くん、悪いんだけど旅行、二人で行ってくれない?仕事が入っちゃったのよ」

「はぁ~?」

お母さん?若い男女が二人きりで?

「いいですよ」

「総司!?ソッコーで返事をするなっ!」

結局、京都旅行は桜夜と沖田の二人で行く事となった。

< 28/ 234 >