ケータイ小説 野いちご

俺だけの姫だから!

HARUNA^SエDE






「‥‥‥‥転校?!」









秋晴れの涼しい朝、
朝食を食べていたあたしに
予期せぬ出来事が起こった。





< 1/ 6 >