ケータイ小説 野いちご

約束〜不確かな未来〜

賭け


小鳥の囀りと、柔らかい陽射しにあたしは目が覚めた。

隣でまだ眠っている勇樹の寝顔を見ると

昨夜より随分と腫れ上がっていた。


あたしはそっと手で触れながら

ごめんね…

心の中で呟いた。



「…ん……ンン…」

その感触に勇樹が顔を歪めた。

あたしは慌てて手を引っ込めた。

それからキッチンに行き、朝食の準備を始める。



その音と匂いにつられるように、勇樹が起きたようだった。


「おはよ!いい匂いだ」


勇樹はあたしの背後から近づくと、後ろから抱きしめた。


「どう?痛む?」


「ちょっと…な。でも、朝起きて美凪がいてー、旨そうな匂いがしてー

なんか、幸せ!」

勇樹はあたしの前に回り込み、頬に軽くキスをした。


それから洗面所へ向かうと

「やべー!こりゃ仕事、今日は行けないなぁ…」


勇樹が大きな声で叫んだ。


あたしは出来上がった朝食をテーブルに並べると

洗面所へ勇樹の様子を見に行った。


「今日は仕事休むよ…
久しぶりに美凪と一日いられる」

勇樹は痛々しい顔で笑った。

< 60/ 71 >