ケータイ小説 野いちご

約束〜不確かな未来〜

秋風に揺れて

約束の日曜日……


私は、彩とひとみを伴いヨットハーバーへと向かっていた。



「ねぇ〜そのヨットって、その人のなの?」


金持ちに目がないひとみが興味津々に尋ねる。


「知らな〜い!」


私は素っ気なく返す。


「でも、取締役なんでしょ?」


後部座席から身を乗り出して彩が口を挟んだ。


「けどさぁ〜、社長なら、代表取締役社長、じゃないかなぁ…」


「そっか…じゃあ何なんだろうね?」


「専務なら専務取締役だもんなぁ〜
ん〜訳わからん!」


「若いってことは…やっぱ、社長の息子?」



ひとみも体をよじり

彩と二人であれこれ詮索に余念がなかった。



「美凪はどうなの?」


突然話題を振られる。


「どうって?何が?」


「だから〜、新しい恋の予感は?
そろそろ、ケリつけた方がいいんじゃないの?」


そう言うひとみに彩が肩をつっついて

「ひーとーみっ!!」

と制した。



「だけどさぁ……×=¥#〆…」


最後はモゴモゴと独り言のように言うと

ひとみは口に飴を放り込んだ。

< 18/ 71 >