ケータイ小説 野いちご

優しい悪魔−マキコと和夫−

第三章 叔母の葬式
1,前 夜


マキコが顔をふいて部屋に戻ると、和夫がひざをかかえて、頭をかき続けていた。

「ババア、……クソッ、オレが……。」

ブツブツ、つぶやいている。

マキコは、台所の方を見回した。
むしょうに何かやりたい。



< 42/ 78 >