ケータイ小説 野いちご

ナツ色の恋~最強男が愛した伝説の女~

No,2 Go on to high school




あれから一年の時がたった。



お母さんが死んだのは、あたしが中3の時…




時々、あの手紙を思い出して、泣いたりもする。




だけど。



前を進んでいこうと思うんだ。


過去は変えられない。だけど、その過去ばかりを見ていたら、今、楽しいことにすら目がいかなくなる気がするんだ。





「さぁーなぁー!!!」




「うわっ…!」


        
ガバッと抱きつかれて、体勢を崩した。


抱きついてきた子は美羽玲奈。


一応、親友。



「おはよぉっ☆」



「ん、おはよ」



あたしは地元から少し離れた私立ひかり学園に入学した。











< 11/ 328 >