ケータイ小説 野いちご

〜カラフル飴玉〜

めがね



「おはよー!!」


ウチ、高校2年のみおって言うんや。
毎日楽しい学校生活を送ってます。


「みお、おはよーさん。」

「おはよ、みおちゃん。」


ウチの友達のなるちゃんとそら君。…そして、そら君はウチの好きな人でもあるんや。


「みお、今日珍しく遅かったやん。どないしたん?」
「えー?ただの寝坊や、寝坊。」


苦笑しながら、2人の間の席に座る。


「みおちゃんが寝坊って聞いたことないよ?」

「そー?…あれ、そらって前からめがねやったっけ?」

「あ〜うん。ちょっとなあ。」


そう言って、めがねを親指で押し上げたそら。
その仕草に、胸がきゅんとした。


「(やばい…そら君、めがねめっちゃ似合うやんか!!)」


そらの新しい魅力を発見したみおの、激しい妄想劇は止まらなくなりそうだ。




その裏では…






「なあ、なるちゃん。めがねってこんな感じでええんか?」

「当たり前や!!もうバッチシみおの心掴んだで!!」







実は作戦だったりしたのでした♪




-end-


< 5/ 5 >