ケータイ小説 野いちご

〜カラフル飴玉〜

レモン味?


僕の彼女は同じクラスのるい。笑った顔はまるで花のよう。ものすごく可愛いんだ!!

るいとは、付き合ってもう2ヶ月になる。…んだけど、まだなんにもしてないんだ。あ、その…デートとかさ手を繋いだりはしたよ?けど…キ、キスはまだなんだ。


「ゆうー、帰ろ?」

「んー、ちょっと待ってて。」


急いでカバンに教科書を詰め込む。や、さすがに全部は持ってかないよ?重いもん。


「お待たせ、じゃ行こっか。」

「うん!!」


僕とるいは手を繋いで帰る。何回も繋いだことがあるのに、君に触れるだけで心臓はドクドクと激しく脈打つ。…こんなんで大丈夫かな?
帰り道。デートの話をしていると、るいが


「ねえ、ゆう?レモン味って好き?」

「え?レモン?好きだけど?」

「よかった…。」

「…?」


何で?と口を開こうとしたその時。突然―――口に柔らかいものが触れた。
それがなんだと気づく前に、口の中に固くて丸いものが入ってきた。少しして、口に触れていたものは離れた。
固くて丸いもの、それは…レモン味の飴だった。


「好きでしょ?レモンの飴!!」


そう言って、るいは顔をほんのり赤く染めた。



-end-

< 1/ 5 >