ケータイ小説 野いちご

平凡彼女はシンデレラⅡ

モテ期到来!?

【奏愛】


何故だろう?



今、あたしの周りではあり得ない事が起ってる。



「雨宮先輩!!」

「…なんですか?」

「付き合って…」

「結構です!!」



なんとあたしが告白されてるのよ!!



前代未聞の出来事です!!



「奏愛がモテるなんて有り得ねぇ~」

「めーちゃんだってモテると思うよ。…多分…。」

「奏愛は俺のだから。」



みんなもビックリ。



てかりっくん、多分って何?



そりゃ多分かもしれないけど…。



「奏愛何かしたのか?」

「何も…。」



訳わかんない。




< 88/ 339 >