ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

続きは、社長室で。2

愛想の、始まり。



トンと押し倒された瞬間、ハラリと肩からすり落ちていくシャツ。



組み敷かれた私の上に、ホワイトムスクを漂わせて圧し掛かる拓海。



微妙なキョリ感を保ったまま、ブラウンの瞳でジッと見下げられていて。



そう捉えられるだけで、ドキドキと高ぶる鼓動が制御不能に陥っていく…。





「言わないなら・・・

手加減するつもり無いから」


「っ――」


顔を近づけられると耳元では、清涼な声がどこか妖しく木霊した。



すると拓海の大きな手が、私の頬をそっと撫でるように弄り始めて。




「どうする…?」


「っ・・・」


此処が最後のチャンスと言わんばかりに、疑問符を投げ掛けてくる。



身体を駆け巡る熱と彼の表情のせいで、ますます答えられずにいると。




「へぇ・・・」


「っ、や…」


怒りを秘めているのか、それともこの状況を楽しんでいるのか。



口角をキュッと上げて一笑している彼が、私には分からない…。




そうして耳元にキスを落とされ、解答権は剥奪されてしまった。





< 63/ 226 >