ケータイ小説 野いちご

続きは、社長室で。2

惰弱の、始まり。



これからはずっと…、一生添い遂げられるという事実が蔓延していた。



添い遂げられる喜びは糧に、笑い合えるトキは幸せへとカタチを成していて。




あまりに贅沢なトキがきっと、すべてに靄(もや)を掛けていたの…。





何を話す訳でもなく、拓海の胸へと身体を預けてしまっていた。



未だどこかで信じられないけれど、重なる鼓動が現実を告げてくれる。



もう独りじゃナイ…、ずっと、ずっと・・・





トントン――

柔らかなトキを断ち切るように、重厚なドアをノックする音が届いた。



「っ――!」


今って…、勤務中――!



その音は一瞬にして意識を覚醒し、仕事へと引き戻すモノになって。



慌てふためきながらも、咄嗟に拓海から離れようとしたけれど。




ギュッ――

あまりに容易く、その広い胸へとさらに押し込められてしまった。





「入っていいぞ――」


「ッ・・・」


あろうことか頭上で響く清涼な声は、ノック主の入室を許可してしまう。





< 23/ 226 >