ケータイ小説 野いちご

◆~恋色模様~◆  .★*゚なみだ模様゚*★.

☆なみだ模様☆
◆ 夏休み ◆


「萌ー今日図書館行くって言ってたよね?」





本の入る大きめのカバンを持って、リビングに入るとテレビを見ていたお姉ちゃんが話しかけてくる。





「うん。お姉ちゃんも行く?」



「いや、あたしは行かないけど。

行くんならさ、料理の本借りてきてw

簡単にお弁当作れるヤツ」


「また彼氏に作るの?」



「んー前彼のときは失敗しちゃって萌に作ってもらったからねぇ…」



「そんなこと、あったねぇ」





お姉ちゃんが作れないって言って、何故か私が本見て作ったんだよね。



玉子焼きとか簡単なヤツだったから、なんとかなったんだけどね。





「だから借りてきてっ」



「うん、簡単なヤツ借りてくるね」



「よろしくー」





図書館までは徒歩5分。



しかも大きな図書館だから、色んな本があって1日でもいられるの。



学校の図書室もいいんだけど(意外な本があったりして)でもやっぱり図書館の方が大きいから、ついつい通っちゃうんだよね。




< 11/ 34 >