ケータイ小説 野いちご

恋する通学路

あたしの思い出

  どうしようもう少しであの日が・・・


 きちゃうよwwww


「まこぉーーー」

そういってあたしの親友の愛が呼んでくる

「うん?」


「まこぉ。もう少ししたら卒業だね」


「うん」

そう後①ッカ月もすればこの小学校とも

おさらばできる!!!


みんなは卒業が悲しいとかいうけど。


あたしは全然かなしくなんかない。


だって中学校にいったってみんな一緒なんだから


そうあたし達の地域はだいたい中学校が指定されている

だからあんまり変わんない。


「まこは悲しくないのぉ?」


そういって愛に聞かれる

「だってみんな一緒じゃん!」


ちょっと落ち込みながら

「そうだけど。」






< 1/ 10 >