ケータイ小説 野いちご

サミシイカラ…ウソツキ

動揺



成瀬さんは端正な見かけとは違ってとっても気さくな人だった。


注文した料理を私にも取り分けてくれ、美味しいワインと共に会話も弾んだ。


「聡さんは兄貴の同級生なんだ。俺にとっては料理の師匠みたいなもんで、仕事柄、色んな料理を試食するけどなかなかこうはいかないんだな。絶対秘訣を教えてくれないし。ケチだよな〜!」


「ケチとはなんだよ。誰が商売敵に秘訣を教えるか!」

「はいはい!もうすっかり聡さんの虜ですよ〜♪胃袋捕まれちゃってますから!」

「気持ち悪いな!祐姫ちゃん、誤解しないでよ!?そっちの気はないからな!」


3人で大笑いした。




< 17/ 107 >