ケータイ小説 野いちご

恋する背中をつかまえて

PLAY BALL
3回裏 予告ホームラン



桜井さんの気持ちがわかる、
薬でも開発されたらいいのに。


ずっと知りたい訳じゃない。
一瞬だけで構わない。





今 触れているこの手から、
包まれている強い腕から、
伝わってくる鼓動から。


桜井さんも好きなのか
一瞬だけでいいから。

わかったらいいのに。



少しだけでも…
ほんの欠片でも

好きでいてくれているなら…



.


< 120/ 423 >