ケータイ小説 野いちご

精神病患者N

1st 今日の献立は何



栗藤大学附属 翔洋病院


〜精神科病棟〜




この病棟の患者達は、



他の患者と一味も二味も違った。


患者カルテNo.1



鳴宮 那月

病状:イジメによる精神破壊。現在は安定。



「ありまぁ〜」
「んだようっせぇなぁ」
「眠い」
「一生寝てろ」


極度のマイペース。



患者カルテNo.2



谷嶋 有真(やじまありま)

病状:極度の女性恐怖症


「ん?幸どうした」
『那月が晴紀の部屋で寝てる』
「それで?」
『那月と遊びたい』
「しゃーない、起こしに行くか」



自分より年下には発症しない。(本人は19才)



患者カルテNo.3



天使 幸(あまつさち)

病状:失声症


『那月』
「那月〜おきろ〜 幸が遊んでほしいってさ」
「ん〜?あ、幸も一緒に寝る〜?」
「人の話を聞け」
『うん、寝る』



基本那月中心に行動



彼等は、知らない。





事件は、突然やって来る。

< 1/ 1 >