ケータイ小説 野いちご

続きは、社長室で。

破鏡の、始まり。



婚約者という現実を、目の当たりにしてしまって。


私の心はいつになく、ザワザワと蠢いて(うごめいて)いた。



まさか本当に、婚約者がいたなんて――



拓海の言葉を、信じていなかったワケじゃない。


ただの希望であって、願い続けていただけのコト。


何処に祈ろうとも、届く訳のナイ未来を――




「あ、自己紹介がまだだったわね!

私は、立川 佳奈子(タチカワカナコ)です。

蘭さん、どうぞ宜しくね――?」


「あ…、こちらこそお願い致します…」

思いきり、社交辞令の言葉を返した。



宜しくなんて、出来るワケがナイのに・・・



後藤社長と幼馴染みというコトが、何かの因果を匂わせる。


結婚を断わろうにも、ムリだという理由にも気づいた。



完全に離れるコトが出来ない環境だから・・・




「フフッ、畏まらないで良いのに!

蘭さんと私は、同じ歳なのよ?」

そんな心情を察したのか、笑みを浮かべた彼女。


「あ、・・・ハイ」

勝ち誇ったように見えて、さらに萎縮していく。




私は日陰の女で、彼女は太陽という比喩がピッタリだね。



拓海の隣を歩く権利を、突きつけられると・・・





< 202/ 266 >