ケータイ小説 野いちご

隠し事



悲しい時

嬉しい時

悔しい時

感動した時

いつだって

"それ"は流れる



けれど

誰かを想って

"それ"を流したのは

いつだろう――――……




――――涙――――



< 71/ 103 >