ケータイ小説 野いちご

薔薇の欠片

Rose――Ui
おやすみ可愛い夢



最近、

夢に同じ男の人が出てくる。



檻の中にいる私を、

いつも連れ出してくれている。



だけど、
その男の人の髪がときどき銀色に光る。

髪だけじゃない、瞳の色も。



もしかしたら、
その人は近頃街をにぎわせている吸血鬼かもしれない……。


私は、

そのままその人について行ったら、殺されるかもしれない。



それでも、いい。

私を連れ出してくれるなら、誰でもいい。



< 2/ 201 >