ケータイ小説 野いちご

優しい嘘

擦れ違い



俊光が家に居る時間が減り、

智江は1人で子育てをしなければならなかった。
俊光は久しぶりに家に帰ると、瑠美に優しく接するが、教育に関しては全て智江に任せきりだった。


徐々に、ストレスを感じる様になっていった。


―俊光は音楽以外、全く無頓着だ。

お金に関しても、全て自分に任せきりだった。



―尊敬していた彼の音楽に対する想いが、

疎く感じる様になっていった。









< 7/ 42 >