ケータイ小説 野いちご

寒空の下の無器用な自分

1 終わり

終わった。
全て終わった…

いや終らされた。
あぁ何てこったい。

これは終わりであって始まりのお話し、この終わりであたしはもう二度とこんなあやまちを繰り返さない。



…多分ね…。

あぅあぅ

< 1/ 2 >