ケータイ小説 野いちご

劇場版 乙女戦隊 月影

おいでやす

あたしとこ…結城里奈は、ベッドの中にいた。

唐突だけど…今日から修学旅行だ。

準備は万端だ。

昨日の晩、すべての用意を済まし、ちゃんと鞄も枕もとに置いてある。

このまま、飛び起きてもいいくらいだ。


大体、どうして奈良や京都なのよ!

女だけで、大仏や寺とか見ても仕方ないじゃないか!

それに、高校生になって、国内はないだろ!

ベッドの中で、ぐずるあたし。

ベッドの中…?

ううん?

お、おかしいぞ!

さっきから、画面があたしから動かない!?

アテレコしてるけど…画面が、切り替わらない!

ま、まさか!



あたしはがばっと、ベッドから起き上がった。


時計を確認すると、10時半で止まっていた。

10時半…。

秒針が動いていない。

「まさか!やっぱり…お約束の…」

あたしは、鞄の横に置いてあった携帯を手に取った。

「と、止まってる!」

馬鹿な!あり得ない!先々月、払ったはずだ!

先々月…先々月…。


あたしは、顔を手でおおった。

「それから、払ってないわ」

なんて、タイミングなんだ!

目覚まし時計も、携帯も止まるなんて…。

「これが…劇場版か!」

って、おい!

主人公不在かよ!

最近、九鬼の方が人気あるかもしれないけど…。


「あたしが、主人公よ!」

って、おい!

ここで、画面が変わるのかよ!

「おい!」





劇場版 乙女戦隊 月影。

〜さらば友よ!ダブルブラック 共闘〜


スタート!




< 5/ 106 >