ケータイ小説 野いちご

劇場版 乙女戦隊 月影

最強の敵

慌てて、家を飛び出したあたしは、駅へとダッシュしょうとして、足を止めた。


「新幹線の切符がない!」

あたしは、頭を抱えた。

携帯代金も払っていないのに、新幹線の切符を買えるはずがない。



「そ、そうだ!」

あたしははっとして、思い出した。

「あれが、使える!」

乙女戦隊月影が、普段戦うところは、学校やその周辺が多い。

その為、戦隊ものによくあるメカが出てこないのだ。

それは、スポンサーにとっても悩みの種だった。



「スポンサーのテコ入れじゃなくて…乙女マシーンを使う時が来たのよ」

あたしは、乙女ケースを突きだし…乙女レッドに変身すると、あるものを天に向けた。

「来い!月影号!」

それは、携帯である。

月影号は、携帯からの発信音を得て、大月学園の体育倉庫の奥から発進するのだ。

ワンタッチ機能にしておくと、ボタン一つで呼べるぞ。


しかし、レッドが何度押しても、月影号は来ない。


あたしは思い出した。

「携帯が止まってた」




仕方なく、常に常備している…今時珍しいテレホンカードを財布から、取りだし、

あたしは公衆電話を探した。

数分後、やっと見つめた公衆電話に駆け寄ると、あたしはテレホンカードを差し込んだ。




「もしもし!兜博士?」

「どうした?結城!今は、京都か?」


受話器の向こうにいるのは、大月学園化学の教師…兜又三郎である。

別名 マッドキャベツ。

髪の毛が、キャベツみたいな為、あだ名がついた。


「…って!博士の説明はいいって!」

苛つくあたしに、兜は笑いながら、

「もしかして、相変わらずの遅刻か?」

「あ、あのさ!もう尺が残ってないのよね!」

「それに、この着信は、公衆電話!携帯も止まってるか!お約束だな〜」

楽しそうな兜の口調に、あたしはキレた。それに、携帯にかけると、異常に残高が減っていく。

「もう時間がないだよ!早く京都に行かないと、あたしの出番が!」




< 22/ 106 >