ケータイ小説 野いちご

加納欄の張り込み シリーズ3

加納欄の張り込み シリーズ3

「大山先輩、重い……です……」

あたしは、パンパンなリュックを背負い、更に両手に荷物を持ち、何にも持たないであたしの前をスタスタ階段を上っている、大山先輩に文句を言った。

アパートの3階まで上り、302とかかれた扉を開け、中に入った。

「つ、疲れたぁ~(>_<)」

あたしは、荷物を放りだし、ペタンと座り込んだ。

「すぐカーテンつけろ」


オニィ~(>_<)


「ふぁ~い……」

ウダウダしながら、カーテンを取り付けた。

今回は、容疑者、真中が自宅に戻る可能性があるため、真中のアパート近くに大山先輩と張り込みすることになった。

「でも何で逃げるんですかねぇ。状況証拠からして真中はシロですよねぇ。逃げるから、本庁が容疑者にしちゃうんですよ」

「あいつら頭硬いからな」

カーテンをつけおわり、リュックの中の物をチェックしようとした。

ピンポーン♪

玄関のチャイムが鳴った。

大山先輩の目が、出ろ。と、訴えた。

「ハイハイ」

あたしは、そう言って玄関のドアを開こうとしたら、勝手に勢いよくドアが開いた。

「あら~こんにちわぁ。もう来てらしたのぉ?」

ズカズカと玄関まで押し入られた。

「あ、あの……f^_^;)」


ニ、ニガテダ……。


「今日からでよかったのよねぇ。最近忙しかったから日にち忘れちゃってぇ。ごめんなさいねぇ。で、あたし管理人なんだけど、あなたどなた?」

一気に捲し立てて、質問された。

奥から大山先輩が出てきた。

「すみません。ご挨拶遅くなって」

管理人さんは、チラッとあたしを見て。

「契約には男性の名前だったのに、女の子が出てくるから、間違えちゃったのかと思って。で、どういう関係?」


ど、どういうって……(-.-;)


「夫婦?……には、見えないけど……」


ふ、夫婦?!


あたしは、照れながら、管理人さんに。

「夫婦だなんてぇ、見えますぅ?恋人」

「妹です」


(:_;)


大山先輩が、言葉をかぶせてきた。

「あぁ!妹さん?お手伝いに来たのね?よろしくねぇ。いいわねぇ。そう、妹さんだったのぉ」



< 1/ 10 >