ケータイ小説 野いちご

《バツ1子持ち、それでも大好きだよ先生!》美憂が生まれて、華の子育て奮闘記♪

第1章
どうする?

啓太と私はマイクロバスに乗り一緒に帰った。



『華彩夏には教習所で俺と一緒になった事、


言わないでくれる?


アイツ又華と一緒だと気にするから。


おりを見て俺から話すからさ。』



私は頷く。



彩夏には言わないで置こう。



啓太から話してもらった方が良いと思う。



「啓太一輝には話していいかな? 」



啓太は私を見ずに、『華沢田に隠して置けないだろうな。


華の好きにするといいよ。』



ごめんね。



私一輝に隠し事なんて出来ないから。



彩夏と仲直りして以前みたいに、



うちに遊びに来てほしい。


彩夏何がそんなに不安なのか?



私に頼ってほしい。








< 19/ 217 >