ケータイ小説 野いちご

俺の女

優しさ




大体の処置も終わり、なんとか帰ってこれたメンバーだったが…










……今の状況は。







半泣きでドアを叩いて叫ぶ恋嘩。



その後ろで困った顔をして腕を組んでいる男達。






『美蘭ー!!!入れてー!』

『こんな時間までなにしてたんよッ!しかもなに?!その格好!!!皆ケガしてるし!なにして遊んでたん?!』





いや…別に遊んでたわけじゃ…




傷だらけの男たちが心の中でツッコむ。



恋嘩はドアの前で、向こう側の美蘭に呼びかけ続けた。





『ごめんなさいー!入れてぇー!!!』

『あかん!!!今日は外で反省しぃ!』

『そんなぁー!!!』





開かない扉を前に、涙混じりの声を上げる恋嘩。





『…ばかっ』





…すると、怒っていた美蘭の声が、急に弱々しくなった。


鼻をすするような声も聞こえ、恋嘩はドアに手をあてた。





『…美蘭?』

『…心配……したんやからッ…』





震えた声で、呟くように出た美蘭の言葉に、恋嘩は心を痛めた。





『…美蘭……ごめんなっ…』





…すると、ドアの向こうからもう1つの声が聞こえた。





「入れたりーや。美蘭。」

「諒弥?!てめッ…そこにいんのか?!」

「開けろやぁー!!!」





中からの諒弥の声を聞いて、愁洩と匠が叫んだ。





「……開けていいけ?」

『…うん…。』





―――――――ガチャ。



ドアを開けて、目の前の仲間たちのケガだらけの姿を見て、苦笑いを浮かべる諒弥。





「…えらぃ有様やな…(笑)」

「うっさいわ…(笑)」





愁洩は、強気な笑顔を返した。


そして、恋嘩が諒弥の後ろにいた美蘭の元に駆け寄る……






『美蘭ッ…』





パンッ…!!!

< 87/ 321 >