ケータイ小説 野いちご

俺の女

俺らがいるやん




「…正月って…暇やなぁー。」

『…暇やんなぁ…。』





ゴロゴロしながら退屈そうに呟く愁洩と恋嘩。



その横で、みかんを食べていた美蘭もため息混じりで呟く。





『まぁー…暇じゃないってゆーたら嘘になんなぁ…』

「テレビもおもんないのばっかやし…」





諒弥もピコピコとチャンネルでテレビを見ていたが、最終的にテレビを消してチャンネルを机に置く。




そんな時、恋嘩の傍に笑顔でやってきた剛軌。





「れーんーかーチャンw暇なら俺らと初詣行こーやあw」

『初詣っ?!w』





楽しそうな言葉を聞いて、目を輝かせてガバッと起き上がる恋嘩。


智稀も剛軌の肩に腕を置いて恋嘩を誘う。





「そw初詣wせっかくやし行こーw」

『うんッ!行く行くー♪』

「待てやお前らぁ!俺も行くしなっ!」





ムクッと起き上がる愁洩を見て、ため息をつく仲間達。





「なんッッで来んねん!!!」





既喇が舌打ちをしながら、うんざりしたように言う。


その反応に納得のいかない愁洩は、立ち上がって既喇にガンを飛ばす。





「なんでって…あほ、お前…恋嘩を1人で行かせられっかぁ!」


「1人ちゃうやんけ!俺らがおるやん!」





裕兎も口論するが、愁洩は納得いかないまま反抗し続ける。





「あほゆえっ!お前らが危ないねん!」

「危なないわっ!!!来んな!」





さらに甲斐にのけ者にされ、だんだん愁洩の頭に血が上る。





「あぁ?!お前ら…俺ぁーこれでもこの族の頭やぞッ?!」

「それでねぇー…(笑)」





最後の爻の一言で、プチッ…っと愁洩の我慢が切れる。





「カッチーン……っんやとぉ?!」


『やめぇーい!!!』





ピタッ…シーン…




今にも喧嘩が始まりそうだったとき、美蘭の一声で場が静まり返った。

< 219/ 321 >