ケータイ小説 野いちご

俺の女

夏祭り




―――数週間後





『暑゙ー』





天気は快晴。


真夏の日差しの下、恋嘩は美蘭と買い出しに来ていた。




愁洩たちは…また喧嘩に行っている。






『この糞暑いのに喧嘩なんて大変やねー』

『ほんっま…よーやるよ(笑)』





美蘭も、首元で手をパタパタさせながら恋嘩に頷く。





『あ!!なぁなぁー!アイス買って帰ったげよーやw』

『アイスー?めんどくさー(笑)』

『だってー…あたしも食べたいもんwお願ーい♪』

『しゃーない…(笑)』

『わーいッww』





さっそく恋嘩が走ってアイス売り場へ。




…そんな恋嘩の姿を見て、美蘭には思わず笑みが零れる。





よかった…恋嘩が元気になってw







『美蘭〜!!ちょっと来てぇ!!』





恋嘩がしきりに手をふっている。


首を傾げながら、彼女に近づく。






『なーにー?』

『見てッ!!これッ!!』





目をキラキラさせて、恋嘩が指さした先には、夏祭りと花火大会のチラシが貼ってあった。





『へぇ〜wお祭りかあw』

『なッw行こーやあッw』

『…うんッえーよw』

『やぁッたあwじゃあー早くアイス買って帰って愁洩たちにも言おーッ♪』



『待って!!…その前にw』

『?』

< 156/ 321 >