ケータイ小説 野いちご

俺の女

くそったれ




―――――――その日の夜




―――ガチャ…パタン。





恋嘩の看病をしていた美蘭が部屋から出てきた。


部屋の外で座って待っていた愁洩が顔を上げる。





「…恋嘩は?」

『ぐっすり寝てる。』

「そっか。…早く治るといいな。」

『うん…。』





―――――ドンドンドン!!!



急に玄関のドアが強く叩かれた。





「…誰やねん。こんな時間に…」


「「おい!劉毅の奴ら!いるんやろ!出て来いやぁ!」」





荒っぽい怒声が聞こえて、愁洩が顔をしかめた。





「…あ???」

「「俺らは虎狐連合や!こないだの借り返しにきてん!」」

「「俺らの相手しろやぁ!!」」



「…っち。こんなときにっ…」





愁洩は舌打ちをして、恋嘩のいる部屋のドアを見つめた。



…こいつがこんな状態だってときにっ…!!





「「開けへんねったら…こっちからぶっ潰さしてもらうでー?」」


「畜生!!!」

「愁洩!!!」





外からの声を聞いた仲間たちが愁洩の元に集まる。

< 108/ 321 >