ケータイ小説 野いちご

秘密な花嫁~旦那様は先生!?~

2章 お嬢様?
高級車

「えっ?」


目の前にある車にびっくりした。


「まさか、これに乗るんですか?」


「さようでございます。」


勘弁してください。


私の目の前にあるのは、大きな車。


海外の高級車。


こんなんで、学校に行ったら変な目で見られるよ。


「お急ぎください。遅刻なさいます。」


「はあ。」


時計をちらっと見ると、歩いて行くには間に合わない。


しょうがない。


今日だけ。


広い。


こんなのマンガの世界だよ。

< 13/ 248 >