ケータイ小説 野いちご

ヤバイ、苦しい、息がデキナイ落ちこぼれ。

―途中経過、一休み―


ここまで、読んでいただいた方へ。


1ページが短い上にわけがわからなかったと思います。


でも、コレは
私がその時、その時に思ったり感じた事をつたない言葉で表現したものです。


気まぐれに増やしたりしてます。


また、次のページから気まぐれにやっていこうと思います。

ありがとうございました。


2011.10.24

< 54/ 63 >