ケータイ小説 野いちご

ヤバイ、苦しい、息がデキナイ落ちこぼれ。

きっと、こいの唄。

透き通った空が
私を見つめる。

私は、あの人を見つめる。



< 35/ 63 >