ケータイ小説 野いちご

眠りに堕ちて、甘い時間。


それからというもの、ふとした瞬間に乃亜くんのことを考えたり…


乃亜くんを目で追っちゃったり…



乃亜くんを想うと胸がぎゅって苦しくなる。



目が合うだけで顔が熱くなって、心臓が飛び出そうなほどドキドキしちゃう。




同じクラスで中1の頃から親友の小泉 紗菜(こいずみ さな)ちゃんに相談したら『それは恋だね〜』なんて言われてしまい…



その言葉で、"私は乃亜くんが好きなんだ"と考えてみるとすごくしっくりときたんだ。


だから、自覚してからはずっと乃亜くんのことを想い続けていた。



乃亜くんにとってはたったそれだけの事かもしれないけど、私にとっては恋に落ちるのに十分な事だった。

< 7/ 216 >