ケータイ小説 野いちご

世界で一番あなたが好き!〜四人の男子からの愛が止まりません〜

甘えんぼな後輩

それから数日後、私はいつも通り学校へと向かって歩く。すると、「先ぱ〜い!」という声が後ろから聞こえてくる。振り返れば、ふわふわのブラウンの髪をした可愛い雰囲気の男子が手を振りながら走ってくる。同じ軽音部の一年生、緑川唯(みどりかわゆい)くんだ。

「そんなに走ったら危ないよ」

そう言ったものの、彼は走るのをやめない。そんなに急がなくても、学校に遅刻することはないんだけどな……。

「わっ!」

唯くんが何かにつまずき、そのまま転んでしまう。言わんこっちゃない、と私は彼に呆れながら駆け寄った。

「大丈夫?怪我してない?」

手を差し出すと、「ごめんなさい。先輩に早くおはようって言いたくて……」と唯くんは顔を赤くしながら笑い、私の手を取って立ち上がる。制服は転んだため汚れていて、擦り傷ができていた。

「怪我してるじゃない。こっち来て」

通学路の途中にある公園に唯くんを連れて行き、傷口を綺麗に洗う。そして、その傷口にいつも持ち歩いている絆創膏を貼ってあげた。

< 5/ 12 >