ケータイ小説 野いちご

不良男子と私の話。

親の存在





私が奏の支えになる!

と、決めて付き合ったのにも関わらず…湊が私の事を支えてくれてる気がする。





いつも、笑わせてくれて…感謝。

毎日、一緒にいてくれてありがとう。





ある日の土曜日ー




「今日会えない、ごめん」

と、

LINEが入った。




珍しい…どうしたんだろう。


心配だったけど、仕方なかった。

昨日は普通だったから、何かあったのかな。



たまにはこういうこともあるよね…

前向きに考えるものの寂しくて仕方なかった。




会えない時間がこんなにも、長く感じるとは思いもしなかった。




『わかったよ〜大丈夫?』

「明日は会おうね」

『会いたい』





湊に会わない土曜日が久しぶりすぎて、何をすればいいかわからなくて…親の美容院に行ってお仕事を手伝っていた。




「今日、湊くんと会わないの?」

『会えないって』

「そうなんだ、寂しいね」

『寂しい〜』




これ以上、湊の話をすると寂しくなるから辞めましょう。



いつの間にか…

湊がいる生活が当たり前のようになっていた。




毎日の生活が当たり前でない事を感じた一日だった。





< 130/ 232 >