ケータイ小説 野いちご

不良男子と私の話。

新学期





4月、

来てほしくなかった新年度が来てしまった。



中3に進級してから初めて登校した日にクラス発表が行われた。




『どきどきする…無理!』

「何が無理なんだよ」


と、

冷たく遇らう湊。




優しい一面もあるけど、そういう冷たい一面もあります。



気にしないでいいのに…気になってしまう。

一緒にいたいと思ってるのは私だけなの?




最低なやつ。

私のイライラモードが入ってしまった。




『別になんでもない』



今の気分なら、湊と違うクラスでもやっていける気がする…





< 100/ 232 >