ケータイ小説 野いちご

たくさんの好きをキミに

キミの距離感

私の好きな人は距離が近い。


「おっはよー秋穂(あきほ)~」

「ゔっ…重っ…!」


それはもうとんでもなく近い。


肩を組まれ、体重をかけられた私はバランスを崩しそうになる。


楓馬(ふうま)!いきなり後ろから体重かけてくんのやめてよね!」

楓馬の腕を乱暴に振り払うが、本人はケタケタと笑っている。


「『やめてよね~!』とか言ってるけど、本当は嬉しかったんじゃねーのー?」

面白そうにしながらからかってくる楓馬に私はムカッとする。


「そんなわけないでしょ!」

「いってー」

肘で彼のみぞおちに一発入れ、フンッとそっぽを向いて歩き出す。

そしてドクドクと高鳴る心臓を必死に抑え、赤くなる頬を奴にバレないように手で隠した。


肩を組まれただけでドキドキしてるなんて楓馬に知られたら絶対馬鹿にされる。

でも、いい匂いしたなぁ…


肩に腕を置かれた部分からじんわりと熱く感じ、うっとりしながら先程の余韻に浸る。


< 21/ 31 >