ケータイ小説 野いちご

竜王様と甘いティータイム

 昼食の時間が終わり、片付けに忙しい竜王城の厨房。
 綺麗に洗って拭き上げられた食器をてきぱき片付けるメイドさんたちをよそ目に、私——竜王城の下っ端メイド、ライラはおやつ作りに専念していました。

 メイドのくせに片付けの手伝いしないのかって?

 それは私が非常にドジっ子で、割れ物なんかを扱わせたら壊れる未来しかないことを同僚たちが知っているからです。私が唯一みんなから認められているのは料理の腕だけなので、賄いを作ったり休憩時間のおやつ作りを任されています。
 しかし今日のおやつは特別です。私がいつも以上に丁寧に作っているのは、ちょっと手の込んだチョコレート菓子。というのも、今日は二月十四日。竜王国での暦だけど、この日付を見たら、現代人だった頃の記憶がうずくってもんでしょ。
 そうです、バレンタインです!
 竜王国の食材はほぼ前世と同じようなものなので、チョコレートみたいなのもあるし、ココアみたいなのもあるんです。それらを使って、日頃の感謝の気持ちを伝えられたらなぁと思ったんです。……ちょっと本来のバレンタインとは趣旨が違うけど、気にしない!
「今日はやけに張り切ってるじゃないか」
 料理長のトープさんが、甘いチョコの香りに誘われて、私の手元を覗き込んできました。
「うふふ。わかります?」
「ああ。やけに仕込み時間が長いからさ」
「今日はバレンタインデーなので、みなさんに『友チョコ』を差し上げたくてですね、頑張ってるんです」
「ばれんたいんでー? なんだい、そりゃ」
「私の故郷の風習なんです。二月の十四日に、チョコレートを渡すんです」
 好きな人には『本命チョコ』、仲良しの友達には『友チョコ』、義理で差し上げるものを『義理チョコ』などなど、〝前世日本〟での『バレンタインデー』について、私はトープさんにざっくり説明しました。諸説ありますが、まあ、私の解釈ということでぬるく見てやってください。
「そんな面白い風習があるんだ」
「ええ。だから今日は、いつもお世話になってるみなさんに『友チョコ』代わりのお菓子を作ってるんです」
「そいつは楽しみだ」
「腕によりをかけて作りますからね。休憩時間を楽しみにしていてください」
 う〜んと美味しいチョコレートのお菓子を作りますからね!

< 1/ 5 >