ケータイ小説 野いちご

闇属性の魔法使い

始まりの声
プロローグ

とある国に
『影の住まう森』と言われている森がある。
『影の住まう森』には誰も近ずいてはならないという掟がある。しかしその森には3人の兄弟が住んでいる。
1番上の兄の名はユーリ、死霊術士《ネクロマンサー》である。
2番目と3番目は双子の兄弟。
2番目の名をレノン、闇魔道士である。
3番目の名をカノン、暗黒騎士である。
この3人は、ある過去が原因で人間が嫌いなので人間との関わりを持とうとしない。しかし彼らは世界最強で最後の闇属性の魔法使い。森を出て国中の少年少女が通うウィースランド魔法学園に通わなければならいのだ。
そんな彼らの学園生活、森での生活などを覗き見する物語である。

< 1/ 2 >