ケータイ小説 野いちご

悪役令嬢は教師になりたい!

夢に向かって

 私は教師になりたかった。

 かつての人生で私が救われたように。
 誰かの背中を押してあげられるような、そんな教師に憧れた。

 教員試験に合格して、不況と嘆かれた時代ではあったけれど、大学卒業と同時に赴任先が決まった私は運が良かったと思う。

 あのまま人生が続いていたのなら、念願の教師になれていたのだから……

< 1/ 12 >