ケータイ小説 野いちご

ポケットの中からの恋模様~くぅちゃん編~

STORY

彼との出会いは、偶然だった。

入学式から1ヶ月、引っ込み思案の私はなかなか友達が出来なくて。

放課後の図書室で読書することが、心の支えとなっていた。

ある日、七月隆文さんの『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』という本を探していたとき、なかなか見つからなくて、図書委員さんも司書さんも忙しそうで困っていると、

「何か本、捜しているの?」

「えっ?」

ふり返ると、眼鏡の中の優しい瞳が印象的な、清潔な香りのする男子学生に声をかけられた。

「あぁ、その本なら、さっき、僕が返却したから・・・ちょっと待って」

カウンターに行って、話をしてくれて。

「借りられるって。好きなの?七月隆文さん」

「いえ、初めて読むんですけど、映画化されたでしょ、この話。映画、見損ねちゃって」

「七月さんは、素敵な話を書くよ。ケーキ王子シリーズもおススメだし」

どきんっ。私が褒められたわけじゃないのに、その笑顔にときめいた。

「先輩・・・?は、よく、図書室に来るんですか?」

「僕は、ここの常連さ。あんまり、図書室に来る人っていないよね・・・少し、ここで読んでいく?僕も、少しいるけど」

「い、いいんですか?」

先輩の持っていた本は、池井戸潤さんの「下町ロケット」だった。

しばらく、2人で本を読んでいた・・・と言うか、私は、ほとんど、「ふり」だった。なんか
読書好きの男の人っていいなぁ。先輩、かっこいいし。名前・・・聞いてもいいかな。でも、本読んでるし。

「そろそろ帰ろうか。あ、自己紹介してなかったね。僕は、飯野浩二(いいの こうじ)。3-Dだよ。君は?」

高中瑞希(たかなか みずき)です。1-Aです。よろしくお願いします、飯野先輩」

「瑞希ちゃんか。浩二でいいよ」

「浩二先輩。よろしくお願いします」

「じゃあ、帰ろうか。高梨駅でいいんだよね?」

「いえ、あの・・・私は、徒歩で通ってるんで」

「そうなんだ。じゃあ、送るよ」

「あっ、でも、高梨駅とは逆方向で・・・・」

浩二先輩が微笑った。

「ウォーキングになっていいよ。じゃ、帰ろ?」

どきどきどき。

歩きながら、色んなことをしゃべった。私が一人っ子なこと、浩二先輩が三人兄弟の末っ子なこと、2人とも、運動は苦手なインドア派なこと・・・。

あっという間に自宅に着き、別れを告げる。

「また、明日図書館で会えますか?」

「あぁ。また、4時ごろ行くよ」

浩二先輩の後ろ姿を見つめながら、あぁ、これって、恋かも?と思った。

< 2/ 12 >